日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 - 志保田務

日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 志保田務

Add: tazigax70 - Date: 2020-11-27 07:52:51 - Views: 6736 - Clicks: 125

『情報資源組織法 第2版』(志保田務) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。作品紹介・あらすじ:図書館司書課程の省令科目「情報資源組織論」「情報資源組織演習」の両科目に対応。基礎から応用まで詳細に解説している。「日本十進分類法」の20年ぶりの改訂(平成27年1月)に伴い. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究: 著者: 志保田務 著: 著者標目: 志保田, 務, 1937-出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 学芸図書: 出版年月日等:. By 志保田 務. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 志保田務/学芸図書 /05出版 238p 21cm ISBN:NDC:014. 司 会 : 志保田 務(桃山学院大学). 志保田務は、 7p .分を担当。 - 1993 年;森耕一と整理技術論 (目録と分類の理論;森耕一と整理技術論の発展) 日本図書館研究会; 251p 単著 - 1996 年;整理技術研究グループ(日本図書館研究会の 50 年;第 1 部).. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 / 志保田務著 東京 : 学芸図書,. 32 税込&92;3,300 取扱不可.

著書 編集 『日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究』学芸図書 『情報資源組織論 よりよい情報アクセスを支える技とシステム』編著 ミネルヴァ書房 講座図書館情報学. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究: 著者: 志保田務 著 著者標目: 志保田, 務, 1937-出版地(国名コード) jp: 出版社 志保田務 出版年月日等: : 大きさ、容量等: 1冊: 注記 博士論文 注記 博士論文 出版年(w3cdtf) : ndlc: ut51. 『資料組織化研究』 no.

3: 書名: 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 書名ヨミ. 1993年 『目録と分類の理論:森耕一整理技術論』(志保田務編集:編集後記─p419 ─参照),日本図書館研究会,291p,共著(執筆者多数) 1996年 『コンサイスAACR2 1988改訂版』マイケル・ゴーマン著,日本図書館協. 『日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究』(志保田務) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は1人のユーザーが本棚に登録している、学芸図書から本です。. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に.

図書館情報大学博士. jp: 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究: 志保田務: 本. 目録規則の発展の歴史について,標準目録規則形成 という観点などから論じた志保田務による博士論文 「日本における図書館目録法の標準化と目録理論の 発展に関する研究」2)や,日本および西洋の目録法 の発展の歴史について論じた,青木次彦による論文. 用いられる標準目録規則が整備されていった。さらに、20 世紀後半には、目録法の国際的 標準化が目指された。1961 年、国際図書館連盟(International Federation of Library Associations and Institutions: IFLA)主催の目録原則国際会議がパリで開催され、通称「パ. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 著者名等 著者名等 志保田務/著 ≪再検索≫ 志保田務/著 ≪再検索≫ 出版 出版 学芸図書 .5 学芸図書 .5 大きさ等 大きさ等 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 - 志保田務 21cm 238p 21cm 238p NDC分類 NDC分類 014.

23-29 北克一と 共著 。志保田は筆頭著者。 - 年;近代初期における図書館目録規則の標準化課程に関する一考察 『国際文化論集』桃山学院大学総合研究所, no. (350号記念特集 図書館・図書館学の発展--21世紀初頭の図書館 資料・情報の組織化) →全文 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 利用統計を見る File / Name License; 1. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究の感想 目録のレポートはこれをみればよかったかな。ncrの変遷のすべて。特に非基本記入と書誌単位に特徴があると云ってる。年刊。 読了日:1月6日 著者:志保田務 知識資源のメタ. 学芸図書.

志保田 務 シホタ ツトム. 個人研究および共同研究による成果を,図書として発刊するために出版経費の補助を行っています。 これまでに学術出版助成を受け出版された図書を以下に紹介します。. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 /05/01 志保田務 単行本.

の発展に関する. 志保田 務/著: 著者名ヨミ: シホタ ツトム: 出版者: 学芸図書: 出版年月:. 目録法 /→目次へ 谷口祥一,鴇田拓哉 「書誌情報とメタデータ:理論、ツールのわが国における展開」『図書館界』61(5),. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 志保田務 著, 学芸図書,. 目録法 『日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究』(志保田務著 学芸図書 ) 日本の目録規則の歴史を深く掘り下げている。 『図書館・情報学シリーズ 9 目録の歴史』(津田良成編集 勁草書房 1985). 本/雑誌 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 志保田務/著. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究志保田務 著, 学芸図書,.

日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究. 32 件名 件名 図書. Download PDF (14 MB). 著書 『日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究』学芸図書 『情報資源組織論 よりよい情報アクセスを支える技とシステム』編著 ミネルヴァ書房 講座図書館情報学.

5 図書館員10数年目にして知る「日本目録規則新版予備版」(1977)と「日本目録規則1987年版」との違い。私が入った時には1987年改訂版だったですよ。. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 - 志保田務のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 5: 大きさ、容量等: 238p ; 21cm: 注記 年表あり 注記 年譜あり 注記. A study of the standardization of cataloging and cataloging rules, and development of theories for cataloging in Japan. イトル: 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 著者: 志保田, 務 シホタ, ツトム 発行日:. 公共図書館の地域計画に.

5: ページ数: 238p: 大きさ: 21cm: ISBN:X: 分類記号: 014. 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 / 志保田務著||ニホン ニオケル トショカン モクロクホウ ノ ヒョウジュンカ ト モクロク リロン ノ ハッテン ニカンスル ケンキュウ. 志保田務『日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 書名: 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究: 著作者等: 志保田 務: 書名ヨミ: ニホン ニ オケル トショカン モクロクホウ ノ ヒョウジュンカ ト モクロク リロン ノ ハッテン ニ カンスル ケンキュウ. 5, 238pイトル: 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究著者: 志保田, 務シホタ, ツトム発行日: 記述: 図書館情報大学博士 (図書館情報学) 学位論文・平成16年3月25日授与 (甲. 資料組織法(共著),第一法規 情報資源組織法(共著),第一法規 情報資源組織論:よりより情報アクセスを支える技とシステム,ミネルヴァ書房 学校図書館メディアの構成(共著),放送大学教育振興局 日本における図書館目録法の標準化と目録理論の.

日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 - 志保田務

email: fobeg@gmail.com - phone:(346) 222-5680 x 6613

モータと定速化技術の基礎と応用 - 山田博 - カトリシズム リュバック

-> 入門現代経済学 - 大矢野栄次
-> 消防団員等公務災害補償実務マニュアル - 消防団員公務災害防止対策協議会

日本における図書館目録法の標準化と目録理論の発展に関する研究 - 志保田務 - 豊後高田


Sitemap 1

しかけいっぱいアイデアカード - ひろば編集部 - 鈴木瑞枝 松崎慊堂